2016年12月8日木曜日

ハムハムデュエル イントロダクション

「私はホワイト・アーマー・ガールを攻撃表示で召喚!!」

女デュエリストがデュエルディスクにカードを叩きつけると、渦を巻く光と共にに一人の可愛らしい少女が現れる。
見たところ年齢は16~17歳といったところで、小顔で整った顔立ちにポニーテールに纏められた赤茶の髪がとても愛らしい。
そして白を基調とした露出の高い鎧と穢れなき純白の手袋とブーツが艶かしく、かつ清楚な雰囲気を醸し出している。

「更に、私は装備魔法カードビームナギナタを発動!
 このカードはホワイト・アーマー・ガールのみに装備でき、攻撃力を700ポイントアップさせる!
 ホワイト・アーマー・ガールの攻撃力は1600! よって攻撃力は2300にアップ!!」

ホワイト・アーマー・ガールの前に銀色の棒が現れる。
彼女がそれを手に取ると、金色の光を放つ刃が棒の両端から現れる。
そしてバトンガールのようにそれを器用に回転させ、目の前を薙ぐようにそれを振り回した。

「ホワイト・アーマー・ガールで、ゴブリン突撃部隊に攻撃!!
 ブレイブ・ザッパー!!!」
『やああああああああああっ!!!』

女デュエリストが高らかに攻撃宣言をすると、ホワイト・アーマー・ガールは緑色の子鬼の群れへ駆けていく。
相手のデュエリスト―カード強奪軍団・グールズの構成員である―は、顔色一つ変えず呟いた。

「ゴブリン突撃部隊の攻撃力は2300…相打ちで貴様のモンスターも道連れだ」
「それはどうかしら? ビームナギナタの特殊効果発動!! このカードを装備したモンスターは
 相手モンスターを攻撃する際、攻撃力が1000ポイントアップする!!」
「ほう……?」

ビームナギナタの光が更に激しさを増す。
そして、ホワイト・アーマー・ガールはそれを容赦無く敵陣の中で振り回す。

『はっ! せやぁっ! やぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!』
『ぐああああああああああああっ!!!!!』

ゴブリン達の身体が光の刃により切り裂かれていく。
千切れた腕や頭部がそこら中に飛散する光景を見て、刃から逃れたゴブリンは涙を隠そうともせず逃げ回る。
だがホワイト・アーマー・ガールは自慢の脚力と武器のリーチを活かし、一匹残らずゴブリンを仕留めていった。

そして、グールズのデュエルディスクからけたたましい電子音が鳴り響く。
彼のライフポイントが減った合図である。

「…私はこれでターンエンド!
 よしっ! まず先手で1000ポイントもダメージを与えたわ!
 ありがとう、ホワイト・アーマー・ガール!」

女デュエリストがそう言うと、ホワイト・アーマー・ガールは自身のマスターの方を向いてウィンクした。

「デュエリストとモンスターの麗しい信頼関係か…ふふふ、良かろう
 私のターン、ドロー!!」


―――――――――――――――――――――――――――――
今日はここまで
シチュ決めてないけど勢いだけで書きました
カード名はBMGと対になる感じでテキトーに決めました

0 件のコメント:

コメントを投稿